「姿勢と話し方・歌声の関係」

「姿勢と話し方・歌声の関係」

皆さんこんにちは・こんばんは
若者と申します。

この記事は、姿勢がいいことの重要性を中心に悪い姿勢の改善法とそして、姿勢と発生の関係性についてボイストレーニング教室に3年間通っている私が体感した事を絡めて述べた記事になります!(^^)!

~猫背~

この姿勢の方は多いんではないんでしょうか(・・?
姿勢が悪い=猫背な感じですよね(笑)
私もどうしようもない猫背の中の猫背ですね……

TVやYouTube、読書など何かに注意が向いているときにフと自分の姿勢に気を向けると、ほぼ95%が猫背です!(笑)
楽なんですよねー、猫背の態勢が体に負担がかかっていない状態なのでそっちに流されてしまいます!

直したいと思ったら、常に姿勢よく「意識」を向けないと治らないですよね……

では、姿勢の改善で日常・歌声はどう変わるのか?

姿勢で変わる日常

私は、とんでもなく猫背で肩が内側に入り込んでしまっていて、顔が前に出てしまっている態勢なのでおじいちゃんみたいになってしまっています。
これは、猫背ではない方で現代にスマートフォンが普及している状態から言えばほとんどの人が当てはまってしまう可能性があります。


スマートフォンを見ている際、必然的に目線が下に行きます。

こうなると首が曲がった状態が続くだけでなく、顔の筋肉や脂肪が重力に従って垂れ下がってしまい、普段の表情もたるんでしまうのです(T_T)

それだけでなく、骨が曲がっているので身長も2cmは縮んでいると思われます。

猫背恐ろしすぎる(;´Д`)

自分が猫背かわからない場合は、真っ直ぐ立ったときの手の位置を確認してみてください。
猫背の方は、手が太ももの前に出てしまっています!

ですが、猫背も体の柔軟と同じで意識して常に姿勢よくすれば必ず改善されます!

姿勢の正し方としては、一度オードリーの春日さんのように胸を張ります。
冗談ですが、そのくらい姿勢いいとベストです(笑)

その後、肩を外側にかけて回すようにそっと下に収めます!
肩甲骨を背骨に近づけるイメージです(>_<)

そうすると、おそらくですがお腹の部分が前に突き出して腰が内側になってしまっていると思われます!
これは、頭から骨盤にかけて横から見るとS字型に体が曲がってしまっているので芳しくない状態です。

なので、突き出したお腹を引っ込ませるために、お腹に力を少し入れてみてください。
「姿勢よく姿勢よく」と意識するほど、胸が出てしまいS字になってしまいます。楽な姿勢は必ずどこか力が緩み崩れています。
基本的に、体幹を鍛えている感覚です!(^^

姿勢改善による歌声


歌声も、真っ直ぐな空気の通り道が確保出来ないと出るものも出ません

息継ぎで、吸い込んだ際におなかに入った息を歌声とともに出すとき、やはり上半身が曲がっていて目線が下に向いていると歌声も、そのまま斜め下に向かって飛ぶので声が全体的に聞こえなくなってしまうんですね……

目線が地面に対して平行なことがベストです。

姿勢が真っ直ぐであると、空気とともに声のあてる場所が意識しやすいです(*’▽’)
違う記事で声の当て方は伝えたいと思います。


このように、姿勢は歌声を変えるだけでなく健康面でも影響があります!
是非ボイストレーニングの際に一緒に解決してしまいましょう(笑)


歌が上手くなり、身体も整うなんて一石二鳥ですよ!(^^)!



ここまで読んでいただきありがとうございますm(__)m

ボイストレーニングカテゴリの最新記事