【大学生は行動しよう 前編】

【大学生は行動しよう 前編】

こんにちは・こんばんは!(^^)!
若者と申します。

私は今、大学4年で就職活動も大詰めを迎えてきた頃です!

今回の記事は、私が大学に入って早々失敗したことや、そこからどのように行動したのか私の大学時代の生活を書きたいと思います!(^^)!
そして、皆さんにも行動がどうつながるのかをお伝えできればなと思っております!

① 大学入学早々での失敗

タイトルの通り、私は大学入学して最初の授業から歩み方を失敗しました(笑)

分かる方も多いかもしれませんが、ボッチでした!!(-_-;)
※ボッチとは、一人ぼっちの略で一人寂しい人のことです。

私は、本当に内向的な性格でした。
小学生~高校生までずっと友達になった人から私に声をかけてきて、自然といつも周りには友達がいるような人間でした。
典型的な受け身野郎ですよね(´・ω・)


そんな感じで、友達もいないまま入学当初はずっとボッチの生活を1ヶ月ほど送っていました。
しかし、その期間に奇跡が起こったのです(‘ω’)ノ
英語の授業があったのですが、そこで席が近い人に話しかけられたのです!


「○○くんさ、俺の高校の友達に顔がそっくりなんだよねー」
私は、内容はどうでもよく話しかけられたことに感動してしまって、すぐに「マジで(・・?」と答えたのは今でも覚えています!(笑)


そして、この人との出会いは大学生活が楽しくなるはじまりかと希望を抱きました(^O^)/しかし…


行動をその日から共にする毎日でした。友達の友達も一緒に行動してたので自然と友達になっていきました。


しかし、私が加わる前から友達同士だった輪にいきなり加わったので、盛り上がっている会話に一切の興味が持てず(野球の話してました)、自然と私はその輪にくっついているだけの人間となっていきました……


せっかくできた繋がりなのに、その繋がりが自分の首をしめているに気づいたのはしばらくしてからでした……
気づくのが入学から半年ほどたってしまっていたので、どこの集団にも輪ができていました。


違和感は、おそらくその人との価値観の違いからくるものでした。
相手も私と二人の時は、会話数が見るからに他の人と話す時より少なかったりするのが、感覚的にわかってしまうのでそれが本当に辛かったです(´・ω・)

こうして、金魚の糞のように授業の情報などを手に入れるための繋がりになっていきました……

② 繋がりを求めて行動

半年を過ぎて、色々あり大学生活最初を失敗した私は、地元の中学の頃仲良かった人たちと結構な頻度で会うようになっていました。


みんな違う大学で、友達ができた人もいれば、私と似たような人もいました。
しかし、友達ができた人は皆サークルに入っていました(´・ω・)


実は私、大学で友達作りに学内サークルも色々見ていました!
けれども、やはり価値観が合う人がいませんでした。もう自分が分からなかったですね……、自分が積極的にいかないのが悪いとも思いました!


ここで、地元の人たちと話して気づいたのですが、私自身学内の繋がりにこだわりすぎているなと……
そこから私は、外の世界を知ることになりました(‘ω’)ノ


私は、自分の居場所を求めるために募集しているインカレサークルで自分の興味ある旅行やバスケ、カメラ、ファッションなど様々なサークルを渡り歩きました。
そこで、今後行動を共にする友にも出会いました!


しかし、人間関係以上に自分は何に価値観を置いているのかということに、気づくことになるのです(´・ω・)

訪れるサークルは、すべて最初は顔合わせの新歓みたいな感じの飲み会でした。そして、どのサークルも確かに楽しく、居心地よく、サークルだなという感じでした!


けれどもどこも楽しむだけで、集まって何を目的としたサークルなのか分からないという志向になったのでした( ;∀;)
「旅行サークルだったとしたら、旅行して楽しむだけですか(・・?」
といった感じです(笑)

上から目線ですいませんて感じですm(__)m


人間関係を築くのには良い場所であるのは確かでした。
しかし、集まって楽しむだけでは私は楽しみを感じられませんでした。

どうせ、同じ趣味を持った人が集まっているのなら、その分野で何か世の中に影響を与え、そのサークルが注目を集めるような集団にしたいと思ったのです。

ここから私の考えがかわり、価値観に従った行動的な自分に変わっていきました!

 

ということで、私は大学生活初めからくじけました(笑)
今では笑い話のようですが、正直精神的にきつくて、大学辞めることまで考えてしまいましたね……

以上が変化前の前編とします(^O^)/

続いて後編へ(‘ω’)ノ

大学生カテゴリの最新記事